Beauty Advisor LIZ.Aのコスメ図鑑etc・・・

元コスメコンシェルジュ1期生のLIZ.Aが、コスメ・美容のクチコミをするコスメ図鑑♪

【su;m37℃】【HERA】【IOPE】クッションファンデーション使用感比較~照明によって変わる肌の見え方実験~


愛用しているクッションファンデーション3種の
使用感比較レポートを6項目に分けて
お送りします✲◕‿◕✲
DSC09953.jpg

DSC09955.jpg

DSC09963.jpg

アイコンケースのサイズアイコン
HERA・・・直径7.4cm
       厚み 約3.1cm

スム37℃・・・直径 約8cm   
       厚み 約3cm

IOPE・・・直径 約7.5cm 
       厚み 約3cm

3種ともレフィルとセット販売です。

アイコン機能性・カラーアイコン
HERA・・・ミスト+ファンデーション+サンブロック+美白
+クーリングの5つの機能性
カラー・・・23号使用ですが、標準よりもやや明るめです。

スム37℃・・・サンブロック+シワ緩和+美白
の3機能性と商品説明書にはありますが保湿効果も高い
ので4機能性だと思います。
カラー・・・2号使用(23号)です。
やや暗めに感じますが、ナチュラルに仕上がります。

IOPE・・・ファンデーション+保湿・ツヤ+サンブロック
+汗・皮脂で崩れにくい 4機能性
カラー・・・21号使用。肌なじみがよく白浮きしにくいので
21号と23号の中間色の肌の方になじみやすいお色です。

アイコンカバー力アイコン
3種ともカバー力は、あまりなく
素肌感を生かした仕上がりですので
カバー力に関しては3種の差を感じませんでした。

アイコンメイクもち・仕上がりアイコン
HERAは、光り反射が均一な肌に整えるので
毛穴が、目立たなくなり
塗った直後の仕上がりはよいのですが、
ややツヤ感が強く テカっているように
見えてしまう時がありました。
メイクもちはよいのですが、単品使用では△です。
(パウダー併用は◎ですので、単品での評価です。)

スムは、艶のある仕上がりですが他の2種よりも
やや抑えめで、塗った直後は、肌が若干暗めに
見えますが、時間経過とともに
だんだんと肌になじみ自然な仕上がりになる
ように感じ、またこの仕上がりが長続きするように
思います。

IOPEは 塗った直後の仕上がりは1番美しいですが
時間が、経過すると少し毛穴落ちすることがありました。

アイコン保湿アイコン
保湿力は
スム>HERA>IOPE
の順で、スムが1番あるように感じます。

アイコン光り別の見え方アイコン
仕上がりなどの好みもありますが、主に活動する場所での
照明・光りにより肌の見え方も変わってくるように思います。
活動時間が長い場所に応じて選ぶと
肌をより美しくみせる(演出する)ことができるように
思います。
参考までに実験してみました。

太陽光
3種とも見え方に大きな差が無いように感じます。

日陰
IOPEが1番毛穴レスな美肌に見えます。
スムは、若干毛穴が目立って見えてしまう印象です。 

昼白色(オフィスで使用される事の多い照明)
スムが1番自然で
肌を美しくみせてくれるように感じました。
HERAも肌はキレイに見えますが、光りの加減でやや白く
見えるように思います。

IOPEは、艶感が強い質感に見えるので、
人によってはテカっているように
見えてしまうように思います。

電球(飲食店で使用される事の多い温かみのあるカラーの照明)
スムが1番 肌のキメが整った美しい肌に見えます。
次にHERA IOPEの順番です。

総合的にみて、ナチュラルメイクでメイクもちもよく
さまざまな光りの下でも対応でき肌が美しく見えたのは
スムのように感じました

私の感じた使用感で、比較しておりますので参考までに
ご覧下さい。

商品選びのヒントにしていただけたら嬉しいです

アイコンクッションファンデーションのお取替え目安。
HERAを中心に継続使用しましたが、
1ヶ月半ほどでパフが乾いてきたので
毎日使用される方ですと1個につき
約1ヶ月が交換目安のようです。 このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています♪
にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング



使用感・レビューは、私の感じた事を書いておりますので
すべての方のお肌に合うとは限りません。
商品の内容量・価格・販売店は、レポート時点での情報ですので、
価格の変動、販売終了などある場合がございます。
参考までにご覧いただき、お買い物は自己責任でお願いいたします。


当ブログの文章や画像(写真)の
無断転記・無断複製・無断引用・無断抜粋は厳禁です!
      

  ベースメイク, 使用感比較, クッションファンデーション,